ブラックの場合の銀行カードローン

ブラック登録時に銀行カードローンの利用は可能でしょうか|銀行カードローンおすすめNOTE

急にまとまったお金が必要になった時には、カードローンの利用がお勧めです。銀行系と消費者金融系の2つがありますが、これらのカードローンを利用する時には、もちろん審査が行われます。一般に銀行系のカードローンは、消費者金融のそれよりも金利が低いのですが、その分審査基準が厳しくなっています。正社員とか公務員のように安定収入があり、勤務年数も長い人の方が通りやすい一方で、パートやアルバイトの人、あるいは勤務年数が短い人は通りにくいといわれています。
審査の基準は、主に収入のあるなしと、信用情報機関の情報が中心となります。収入がないと返済が不可能ですので、審査に通ることができません。また信用情報に、延滞や債務整理などでブラックが登録されている時も、審査に通ることはかなり難しくなります。基本的にカードローンは、無担保無保証であり、本人の返済能力に重きが置かれるため、消費者金融であっても大手の業者の場合は、この点は厳しくチェックされます。
ブラックは通常5年間登録されますが、自己破産をした時は、銀行系の信用情報機関に限って10年間登録されます。ですから自己破産をした場合は、10年間銀行の利用はできません。またブラックが登録されなくなっても、延滞をした業者、あるいは債務整理の対象となった業者から借り入れることは、かなり難しくなりますので気をつけておきましょう。そのような場合は、今まで利用したことのない金融機関を利用するのがお勧めです。


このページの先頭へ戻る