カードローンの遅延

カードローンは遅延をしないように借りよう

カードローンの利用をするなら、絶対に遅延をしないように借入しましょう。
延滞をすると遅延損害金が発生し、利息に加算されてしまうのです。
遅延損害金は20.0%が一般的なので、通常の利率よりも高くなってしまいます。
返済を延滞するほど支払い総額が増えてしまい、自分自身が一番困ることになります。
だからこそお金を借りるときは、安全に返済できる返済プランを立てておく必要があるわけです。
銀行や消費者金融のWEBサイトでは、返済シミュレーションを行うことができます。
このサイトを使えば、毎月の返済額・完済までの期間などを試算することができるので便利です。
ローン上手な方ほどシミュレーションを頻繁に行っており、特に女性は月1回のペースで行っている方が多いのです。
収支のバランスを把握することは、短期完済をするために欠かせないことです。

 

延滞をしないためには、低金利の銀行や会社から借入することも大切ですが、1回で返す習慣をつけることも効果的でしょう。
多くの方は長期をかけて返そうと考えてしまうため、借入日数が増えて利息が大きくなってしまうのです。
カードローンやキャッシングなどの多目的融資は、利息が1日ごとに加算されていきます。
ほとんどの金融機関はリボ払いを設定していますが、この支払い方法は完済までに最も時間がかかるのです。
短期完済するためにはリボ払いだけに頼らず、積極的に追加で返すなどの工夫が必要でしょう。
お小遣いが余ったら、その分を多めに返すなどして元金を減らしていきましょう。


このページの先頭へ戻る